この公演は、誰もが楽しめる演劇=ユニバーサルデザイン演劇へと近づけるべく

舞台の製作を研究・実験の一環として実施するものです。

 

ユニバーサルデザイン演劇『ハックルベリーにさよならを』

ユニバーサルデザイン演劇 鑑賞体験会


◆ あらすじ

小学6年生のケンジは、カヌーが好きだ。

 

けど、母さんは、危ないから乗るのはダメだって言う。

 

月に一度の『面会日』。別の町で一人で暮らす父さんのところで、ボートに乗った。

 

今日も父さんのところにいくと、そこには、知らない女の人がいた。

 

 

それは、誰も知らない、少年の小さな冒険の話。

 

時間に取り残された、悩みと戸惑いと、一歩を踏み出すための、1日だけの、川下り。

 

◆ キャスト

藤夏瓜太朗

 

天美紗南

 

鳴海啓太

 

TsucKy

 

佐々木公侍

 

御伽みるく

 

天音海空

 

◆ スタッフ

総合プロデュース/岩手県立大学ユニバーサルデザイン演劇研究製作委員会

 

演出/モウリコウキ

 

舞台監督/toWho

 

舞台装置/佐々木至朗

 

照明効果/角舘信哉

 

制作/星深桜

   葛原ちり子

   柚月ありす

   鈴瀬利他

   杉川尚哉

 

◆ 公演日時

2016年11月12日(土)~13日(日)

 

両日とも 13:00開場

     13:30開演

 

◆ 料金

完全無料。

 

◆ 岩手県立大学ユニバーサルデザイン演劇研究製作委員会について

岩手県立大学 社会福祉学部4年の学生が中心となり、2016年3月に発足。

 

視聴覚障害者が抱えている、舞台鑑賞における「本来の芸術的表現が堪能できない」「十分に製作者の意図が伝わらない」等の様々な問題、またその解決方法の選択肢として現代で普及しはじめた、舞台上での「字幕」「副音声」等のサービスを受ける上で起こる「舞台に集中して見続けることができない」「創り手側の表現の規制」等の様々な問題を踏まえ、舞台鑑賞への理解に焦点を当て、視聴覚障害者が鑑賞への妨げが無いように配慮され、またそのサービス等の利用が健常者等互いを阻害しないような、

「誰もが楽しめる演劇=ユニバーサルデザイン演劇」の上演方法を研究・考察する事を目的としている。

 

公式Facebookページは コチラ

 

◆ 公演会場

岩手県立大学 講堂

 

〒020-0693 岩手県滝沢市巣子152-52

 

バス:岩手県立大学下車

電車:IGR「滝沢駅」から徒歩15分

車:東北自動車道 滝沢インターチェンジ 5分

 


Twitter @Rashinban_P